--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病合併症、糖尿病と手足のしびれや痛み(糖尿病合併症:糖尿病性末梢神経痛)

2011年03月15日 09:00

糖尿病合併症、手足のしびれや痛み(糖尿病性末梢神経痛)

糖尿病合併症、手足のしびれや痛み(糖尿病性末梢神経痛)1 

足と足のしびれや痛みは、糖尿病を患っている患者に通常表示される糖尿病合併症の一つである。

進行した糖尿病患者の約半数で発生することが知られており、血糖コントロールの程度や糖尿病を患った期間と密接な関係があって血糖値の調節が不良ほど、また、糖尿病の闘病期間が長いほど、可​​能性が高まる。

『糖尿病性末梢神経痛』と呼ばれるこの糖尿病合併症は、いくつかの痛みを伴う症状を誘発するため、早期発見と治療は、糖尿病患者の生活の質に関係して非常に重要である。

さまざまな形で、末梢神経が損傷を受けることになって症状が発生する。

最もよく最初の症状は、体から遠い側の神経の対称性の損傷が発生する両膝の下とフィートストッキングをはいたような無意味な感覚としびれの症状である。

主に夜に症状がひどくて、痛みがひどくなると睡眠をとることが難しくなる。

糖尿病合併症、手足のしびれや痛み(糖尿病性末梢神経痛)2


進んでひどくなると、感覚の消失と一緒に皮が厚くなり、潰瘍が発生することができ、足の感覚が鈍感になって傷を負っても発見できず、傷の治りがのろくなって足の切断という最悪の結果まで生むようになる場合もある。

損傷された神経は、外部の圧迫に対して敏感なので、手首や肘、膝などに押されると、手根管症候群などの手のしびれや痛み、筋力低下など、様々な神経の症状が現れることがある。

神経伝導検査

診断のための最も正確な検査は、神経伝導検査である。

末梢神経症の症状がない糖尿病患者でも、神経伝導検査の上に以上が表示される場合も多く、注意していない場合は、遅かれ早かれ症状が発生することができると予見することができる。

足のしびれが糖尿病による末梢神経損傷によるか、それとも他の原因(椎間板ヘルニアや脊椎管狭窄症、ビタミン欠乏症、重金属中毒など)によるものであるかの鑑別は神経科医の神経学的検査と神経伝導検査、筋電図検査が最も重要である。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/7-43286c2b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。