--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病患者の血糖値測定方法!血糖値測定器使い方!(血糖値測定3つの要領?)

2011年03月10日 09:00

糖尿病患者、血糖値測定3つの要領?
(糖尿病患者の血糖値測定方法:血糖値測定器使い方)


糖尿病患者の血糖値測定方法!血糖値測定器使い方!

糖尿病患者は、家庭で自ら血糖値を測定し、食事療法、運動療法、薬物療法を通って適切に調節をしている。

一部の糖尿病患者は血糖値測定器の機械の数値だけを信じて、無効な血糖値を管理するため、むしろ健康管理に悪影響を与える場合にも発生する。

正確な血糖測定の時間、測定方法、血液採取方法について有益な血糖測定の3つの要領を見てみる。
 
1.糖尿病患者の血糖値測定の時間


空腹の値測は午前(起きてから)にすぐよりも、20分〜30分後に測定することで、より正確に知ることができる。

この時血糖値は、一般的に100-125mg/dLであり、昼食、夕食よりも朝に測定することが精度が高い。

空腹後の測定は、食事の後、2時間後に測定するのが一般的で、140-199mg/dLである。

2.糖尿病患者の血糖値測定器使い方


血糖値測定器使い方

血糖値測定器に適用される血液量に応じて、数値が異なる可能性がある。

量が多い場合は、ヘマトクリット(全血の血球成分(赤血球·白血球·血小板)の割合をパーセンテージで表したもの)の数が高まり、血糖値が高く出て、 少なければ低く出る可能性があるため、それぞれの血糖値測定器に合った適切な量の血液中に適切な血糖値測定が行われなければならない。

血液量が不十分な場合であり、これは治療に不適切な影響を与える。

また、血糖測定器が正常な状態でない場合は誤差が生じるので、これを確認しなければならない。

また血糖値測定器のストリップが血糖値測定における直接的な影響を与えるので、ストリップの汚染でも、不正確な結果が出ることができる。

したがって、個々のパッケージのストリップの方は関係ないが、筒に多数のファイルが含まれている製品なら、汚染されないように注意し、有効期間を検討します。

3.糖尿病患者の血液採取方法


血糖値測定方法

糖尿病患者が自己血糖測定に必要な十分な血液サンプルを採取する時、きれいに手を洗い、指先まで血液の循環が円滑にできるように暖かい水を使用して、30秒間手を下に下ろして血が指先に集まるようにする。

体温計を振るように採血針を付ける前に手を振る。採血してからは、正確に点滴されるようにする。

指先を絞るよりも、指全体を押さえることが血液の採取に有効である。

関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/3-a5fb2b11
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。