--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?

2011年06月09日 13:30

糖尿病の治療で、乳がん(癌)の治療も一緒にする?
糖尿病治療薬、乳がん(癌)の治療に使用!

2型糖尿病治療薬として使用承認され、一部の薬によって活性化されるタンパク質が乳がん(癌)が広がる速度を遅らせたり、停止することができることが分かった。

糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?1 
糖尿病治療、乳がん(癌)までできる?


クイーンズ大学の研究チームが明らかにした研究結果によると、このような糖尿病治療薬が単独あるいは、既存の糖尿病治療薬との併用で、一部の乳がん(癌)を治療するために使用することができることが分かった。

糖尿病治療薬として、このような系の薬物は、通常の脂肪代謝と糖代謝(ブドウ糖の代謝)を維持するように助ける単一のタンパク質を活性化する。

最近、このようなタンパク質はまた、悪性腫瘍を減らし、一部の乳がん(癌)が転移して広がることを少なくすることで表示されている。

これに先立って行われた研究によると、また、乳がん(癌)細胞内の特定の型の細胞内のこのような特定のタンパク質を削除したり、少なくすることががん(癌)発症の可能性を高め、がん(癌)がより容易に悪質にされたり変形されていることが分かった。


糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?2 
糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?

研究チームは、乳房や、あるいは関連する細胞内のこのようなタンパク質の活性が減少した女性たちと高脂肪食習慣や化学汚染物質や環境汚染物質などの危険因子にさらされた女性たちがより多くのがん(癌)が発症する可能性が高いと明らかにした。

また、このような女性たちががん(癌)が体内でより容易に広がる可能性も高いと明らかにした。

研究チームは"肥満は糖尿病と乳がん(癌)を含む様々な疾患を誘発する危険因子であるということはよく知られているし、最近の肥満人口の急増と私達の体が正常に扱うことができるの脂肪よりも多くの脂肪を血液内に持っており、このようながん(癌)を抑制するタンパク質が、一部の支持なしには、独自の抗がん(癌)の性質を発揮することができない"と強調した。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/27-c0cd3ae0
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。