--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?

2011年05月26日 19:07

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射の使用は危険?
糖尿病患者といって、インスリン(インシュリン)注射療法をむやみに使用してはいけないという主張が出た。
 
糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?1 
糖尿病の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?


2003〜2009年の糖尿病の診療を受けた2型糖尿病患者6925人を分析した結果、インスリン(インシュリン)抵抗性がある患者が73%だった。

インスリン(インシュリン)抵抗性はインスリン(インシュリン)の分泌自体はきちんとされるが、分泌されたインスリン(インシュリン)が血糖値の調節機能を正常に実行できない状態をいう。

インスリン(インシュリン)抵抗性がある糖尿病患者の治療経過を分析した結果、これらはインスリン(インシュリン)抵抗性のない患者よりもインスリン(インシュリン)注射を打つ割合が高かったが、血糖調節効果は、むしろより落ちた。

糖尿病は、原因がインスリン(インシュリン)分泌量の不足であるインスリン(インシュリン)抵抗性の大人のかに応じて治療の反応などが異なるため、血糖値が高いと無条件にインスリン(インシュリン)を使えばならない。

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?2 
糖尿病の治療、インスリン(インシュリン)注射療法


治療を開始する前に、インスリン(インシュリン)抵抗性の有無を判断してインスリン(インシュリン)の分泌自体がうまくいかない場合にのみ、インスリン(インシュリン)投与をして、インスリン(インシュリン)抵抗性が原因である場合は、生活習慣の改善とインスリン(インシュリン)感受性を高める薬物治療をしなければならない。

一方、今回の調査の結果、インスリン(インシュリン)抵抗性があれば、他の慢性疾患を伴う場合が多かった。

インスリン(インシュリン)抵抗性がある人は、インスリン(インシュリン)抵抗性がない人よりも頸動脈硬化症、高血圧、虚血性心臓病、脂質異常症、脂肪肝、メタボリック症候群などが4倍ほど多かった。

インスリン(インシュリン)抵抗性を持つ糖尿病患者の52%は代謝症候群を患っていた。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/26-76cf29aa
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。