--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病薬Lixisenatide、糖尿病新薬の可能性を証明!(糖尿病薬情報)

2011年04月27日 09:25

糖尿病新薬、サノフィ - アベンティス、GetGoal - Sの臨床結果発表!
糖尿病薬Lixisenatide、血糖調節効果抜群!


サノフィ - アベンティスが開発中の新しい糖尿病薬(糖尿病新薬)Lixisenatideが優れた血糖調節効果を表し、成功の可能性を高めている。


糖尿病薬Lixisenatide、糖尿病新薬の可能性を証明1 
血糖値測定画像

サノフィ - アベンティス会社は、糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideが糖化ヘモグロビン値を有効に減少させ、プラセボに比べ血糖値の調節効果を改善したGetGoal - Sの臨床結果を発表した。

今回の調査では、メトホルミン併用するかどうかに関係なく、スルホニルウレアで、血糖値が調節されていない糖尿病患者に補助療法として使用されている糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideの有効性と安全性を調査した。

臨床試験は、ランダムシード、プラセボ対照試験での治療期間は24週だった。

合計859人の糖尿病患者がランダムに糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideグループまたはプラセボグループに配分され、両方のグループが20マイクログラムの1日1回の維持量になるまで段階的に容量を増加させて投与を受けた。 

 
糖尿病薬Lixisenatide、糖尿病新薬の可能性を証明2 
糖尿病薬画像(糖尿病新薬画像)


GetGoal - Sの研究の主な結果糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideグループの糖尿病患者からの糖化ヘモグロビン値が有意に減り、24週連続でプラセボグループに比べて0.74%より減少した。

また、糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideは、糖尿病患者の食後2時間目の血糖値と空腹時血漿血糖値を有意に改善させてくれた。

また、プラセボグループに比べ、糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideで治療を受けた患者の体重が有意に減少したと、24週目にプラセボグループに比べ、症候性低血糖症の発生リスクが有意に増加することはなかった。

サノフィ - アベンティスの世界的な糖尿病部門ピエールシャンスル上席副社長は、"GetGoal - Sの研究の結果を使用して、新しい糖尿病薬(糖尿病の新薬)Lixisenatideの有効性と安全性を立証することができるようになった"との意味を付与した。

このグローバルな臨床研究の結果は、9月に開催される第47回欧州糖尿病学会(EASD)年次総会で発表される予定だ。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/22-08b6acf1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。