--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2型糖尿病症状、2型糖尿病疾患は自己免疫疾患?(2型糖尿病情報)

2011年04月20日 20:42

2型糖尿病症状、2型糖尿病疾患は代謝性疾患ではなく、自己免疫疾患?


2型糖尿病が単純な代謝性疾患ではなく、自己免疫疾患で再定義されているという主張が提起された。


2型糖尿病症状、2型糖尿病疾患は自己免疫疾患 
2型糖尿病症状、2型糖尿病疾患は自己免疫疾患?

トロント大学の研究チームがネイチャー誌に明らかにしたこのような研究結果、単純に血糖値をコントロールするのではなく、体内の免疫系を標的とする新しい2型糖尿病の治療が始まることができるものと期待を集めている。

研究結果Anti - CD20と呼ばれる体内免疫系内の成熟したB細胞を標的とし削除する抗体が2型糖尿病を発症するように設計されたラットの2型糖尿病の進行を停止し、血糖値を正常範囲に回復させることが分かった。

研究チームは、インスリン(インシュリン)を生成する細胞が破壊された1型糖尿病とは異なり、2型糖尿病の主な特徴であるインスリン(インシュリン)抵抗性のB細胞やその他の体内、自分の組織を破壊する他の免疫細胞によって誘発されると明らかにした。



Anti - CD20 リツキシマブ(rituximab) Mabthera(マブセラ)
糖尿病 治療 薬Anti - CD20キシマブ(rituximab)Mabthera(マブセラ)



Anti - CD20は、米国でリツキシマブ(rituximab)または、Mabthera(マブセラ) という名前で販売されている。
Anti - CD20はすでに人体の一部の自己免疫疾患と血液癌治療薬としての使用が承認されている。

研究チームは、"しかし、このような抗体は、人体からの実際の糖尿病を予防し、治療するのにも効果的であるかにつきましては、より多くの研究が必要だ"と強調した。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/21-c3a4db7c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。