--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病の塩分摂取量、糖尿病患者、塩分摂取量を減らしたら、後遺症の予防が可能?

2011年04月14日 16:14

糖尿病と塩分摂取量の関係:
糖尿病患者、塩分摂取量の調整で様々な後遺症の予防ができる!


糖尿病を患う患者の場合、日常的な食事による塩分摂取量を減らすことが健康を脅かす危険因子を大幅に減らすことができることが分かった。

英国ロンドンのセントジョージ(St. George)病院の研究チームが『Cochrane Library』誌に明らかにした254人の成人を対象とした13種の研究結果を分析した結果によると、

糖尿病の塩分摂取量1 
1型糖尿病や2型糖尿病の患者、塩分摂取量を減らしたら、後遺症の予防ができる。


1型糖尿病や2型糖尿病を患う人の場合、心血管疾患の発症リスクが高い糖尿病患者の塩分摂取量を減らすことが血圧を下げることができることが分かった。

糖尿病を患う人々の場合には、血圧を130/80 mmHg以下に維持するようにいつも気を使わなければならないが、

2003〜2004年の研究の結果糖尿病を患う成人の約75%が血圧130/80 mmHgであるかより高く、高血圧の薬を服用していることが明らかになった。

研究チームは、"塩分を過剰に摂取することが血圧を高める主な原因であり、糖尿病を患う人々の場合には、高血圧が脳卒中、心臓発作、糖尿病性腎症(Diabetic Nephropathy)など重度の後遺症を起こすことができ、
 

糖尿病の塩分摂取量2 
1型糖尿病や2型糖尿病患者の塩分摂取量が多い場合、高血圧が脳卒中、心臓発作、糖尿病性腎症(Diabetic Nephropathy)など重度の後遺症を起こす!


特に、糖尿病性腎症(Diabetic Nephropathy)の場合には、慢性腎疾患を誘発する主な原因である"と明らかにし

"毎日摂取する塩分量を一日8.5g減らすことは、糖尿病患者の血圧を7 / 3 mmHg減らし、まるで血圧の薬を服用しているのと同じ効果を出すことができる"と強調した。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/20-89dd5bec
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。