--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2型糖尿病 合併症、2型糖尿病の合併症予防方法!(2型糖尿病合併症症状)

2011年04月10日 10:14

2型糖尿病 合併症症状、2型糖尿病の合併症予防方法!

2型糖尿病は国民病である。
統計によると、30代以上の10人に1人が苦しんでいる。


2型糖尿病が危険な理由は、合併症が怖いからだ。

血管を病むようにして脳、心臓、目などに徐々に健康を締め付ける慢性疾患を起こす。
低血糖症のように一瞬で命を奪うことができる急性合併症を誘発する。

専門家は、2型糖尿病の合併症を予防するために、総合的な管理が必要であり、特に、『血糖値変動幅』に気を使わなければならないと言う。



2型糖尿病の合併症 症状


2型糖尿病 合併症、2型糖尿病の合併症予防方法!(2型糖尿病合併症症状)1 
2型糖尿病合併症症状 画像

2型糖尿病の合併症は『慢性』と『急性』に分けられる。

2型糖尿病の慢性合併症は、血管が壊れて発生する。

心臓、脳、脚、目など全身に血液を正常に供給されていないからだ。

2型糖尿病の急性合併症は、血糖値が高すぎたり、低くて起こる。

低血糖症、高血糖性昏睡、ケトン体血症などがあり、昏睡に陥って命を失うこともある。

2型糖尿病(後天性)の高血糖性昏睡は、糖尿病治療薬を食べたり、感染ストレスを受けて血糖値が500〜1000㎎/㎗まで上がると、脳の浸透圧に耐えられずに発生する。




2型糖尿病 合併症の予防方法!

2型糖尿病 合併症、2型糖尿病の合併症予防方法!(2型糖尿病合併症症状)2 
2型糖尿病 合併症の予防方法


2型糖尿病の合併症を予防し、進行を防ぐには、血糖値変動幅を留意しなければならない。

血糖値変動幅とは、一日の間、最高血糖値と最低血糖値の差を言う。

一般的に血糖値変動幅は、食事前に約100㎎/㎗未満、食後2時間内に140㎎/㎗として40㎎/㎗だ。


血糖値変動幅が大きい場合は、血管の中の酸化ストレスが増え、血管の内皮細胞を刺激し、動脈硬化が進行する。

最近の血糖値変動幅の調整に効果的な「DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)」の抑制する糖尿病治療薬が発売された。 (DPP - 4は、糖尿病に関与する酵素だ。)

DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)糖尿病治療薬は、インスリン(インシュリン、insulin)の生成に関与する膵臓の細胞機能を活性化して血糖値を改善する。


2型糖尿病 合併症、2型糖尿病の合併症予防方法!(2型糖尿病合併症症状)3 
2型糖尿病 合併症


特に、体内の血糖値が高い場合にのみ選択的にインスリン分泌(インシュリン分泌)を促進するのが特徴。

今までの糖尿病治療薬が体内の血糖値に関係なく、イインスリン分泌(インシュリン分泌)を刺激するか、感受性を高めることとは違いがある。

DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)糖尿病治療薬は、既存の治療薬よりも低血糖症の危険が少なく、食後高血糖の糖度を調節して血糖値の変動が少ない。

既存の糖尿病治療薬にあった体重増加、浮腫などの副作用も減っている。



2型糖尿病 合併症、2型糖尿病の合併症予防方法!(2型糖尿病合併症症状)4
血糖値変動幅を調節して2型糖尿病 合併症を軽減する!


血糖値や血糖値変動幅を一緒に調節して、2型糖尿病 合併症を軽減する総合的な管理を期待できるようになった。

食事療法や運動療法でも血糖値変動幅の管理に有用である。

血糖値変動幅を減らすには、食後の血糖値が重要である。

清涼飲料、アイスクリームなど、すぐに消化吸収される単純な糖質の摂取を減らし、とうもろこし、サツマイモなどの複合糖質と食物繊維が多い野菜を摂取するのが良い。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/19-af3fb1ec
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。