--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2型糖尿病の睡眠障害、2型糖尿病患者の睡眠障害時、重症合併症の危険?

2011年04月07日 09:00

2型糖尿病、2型糖尿病患者の睡眠障害は重症合併症のリスクを高める?


睡眠障害が糖尿病を患う人々から眼疾患の発症リスクを高めることが分かった。

ボミンホムデハク研究チームが明らかにした2型糖尿病を患う231人を対象とした研究結果によると、閉塞性睡眠時無呼吸のない人に比べて、閉塞性睡眠時無呼吸障害のある人々がひどい網膜病変(網膜症)を発症するリスクが2倍​​高いことが分かった。
 
2型糖尿病の睡眠障害 
2型糖尿病の睡眠障害

研究の結果、睡眠時無呼吸がない人の場合には、わずか20%だけが重症の網膜病変(網膜症)が生じる一方、無呼吸症を患う人々の場合には、48%が網膜症を患っていることが分かった。

また、これとは別に行われた2型糖尿病を患う230人を対象にした研究では、睡眠時無呼吸の神経痛にも関連があることが分かった。

研究の結果、このような障害がない人ではわずか22%だけが神経痛が発症するのに対し、障害のある人の場合には、60%が神経痛が発症した。

研究チームは"2型糖尿病を患う人々が閉塞性睡眠時無呼吸の発病率が高いということはすでによく知られているが閉塞性睡眠時無呼吸と2型糖尿病を患う人々の網膜症や神経痛と関連があることは、今回初めて明らかになった"と強調した。

研究チームは"2型糖尿病を患って誰かが睡眠障害を患う場合は、重症合併症を発症する危険性が高いという事実を、必ず理解していなければならない"と強調した。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/18-6bc0889f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。