--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病とチョコレート、糖尿病・高血圧にダークチョコレートがいい?!(糖尿病とチョコレート:フラボノイド)

2011年04月01日 09:00

糖尿病・高血圧にダークチョコレートがいい?(糖尿病とチョコレート:フラボノイド)

ダークチョコレートが血圧を下げて食べ物から摂取される糖の代謝能力を向上させる効果があるという研究結果が出た。

つまり、よく知って食べると糖尿病にはチョコレートが良いということ。

糖尿病とチョコレート1
糖尿病にチョコレートは?

イタリアのラキルラ大学の研究者は、健康な男性7人と女性8人に15日間毎日ダークチョコレート100gやホワイトチョコレート90gを食べるようにして、

1週間の間、チョコレートの摂取を中断した後、再度15日間で、チョコレートのタイプを変えて食べるようにした。

クラウディオペリー博士が率いる研究チームは、その結果、ダークチョコレートを食べたの実験対象者の血圧が下がり、インスリン(インシュリン、insulin)感受性は上がって糖の代謝能力が向上すると表示されることを発見した。
(糖尿病にチョコレートが悪いだけではないということだ。)



糖尿病とチョコレート2
糖尿病にホワイトチョコレートは?

一方、ホワイトチョコレートを食べた場合は、血圧やインスリン(インシュリン、insulin)感受性への影響もないことが分かった。

ダークチョコレートのこのような潜在的な効果についての研究は、今回が初めてではない。

ダークチョコレートは、フラボノイドという抗酸化物質が多く含まれており、これらのフラボノイドは、健康な心臓との円滑な血液循環を維持し、血栓を減らすのに役立つことが報告されている。

また、チョコレートの種類も関係があることが知られたがある研究結果ではミルクチョコレートは、血中の抗酸化物質の増加に大きな影響を及ぼしていないことが分かった。


糖尿病とチョコレート3
糖尿病にダークチョコレートは?


高血圧の高齢者を対象とした別の研究でも、ダークチョコレートを食べた後、血圧が下がったがフラボノイドがないホワイトチョコレートには効果がないことが分かった。

ペリー博士の研究チームは、フラボノイドが潜在的に細胞に損傷を与える酸素遊離基​​として知られている物質を無力化させ効果があると説明しながら、しかし、ダークチョコレートには、 抗酸化物質に加えて脂肪分やカロリーが高いので注意が必要だと付け加えた。

つまり、糖尿病を患っている患者さんは、チョコレートを食べる場合は、ダークチョコレートを食べて、脂肪やカロリーが高いので、食べ過ぎはよくないということだ。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/15-2a83fd8b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。