--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病患者の心筋梗塞や心臓病の危険度が一般の人の3倍?(糖尿病患者が守るべきこと10つ)

2011年03月25日 09:00

糖尿病患者は、心筋梗塞などの心臓病にかかる危険性が一般人に比べて3〜5倍になって、脳卒中にかかる可能性も10〜20%というのが学界の話しだ。

糖尿病患者の心筋梗塞や心臓病の危険度が一般の人の3倍


特に心臓病にかかる可能性は25〜30%にのぼる。糖尿病性心臓病は、診断が容易ではないという点で、糖尿病患者たちが最も警戒すべき合併症である。

糖尿病患者が守るべきこと10つ

糖尿病患者が守るべきこと10つ 


1. 肥満を避ける。肥満ではない場合は、発症する確率はそれほど高くない。

2. 伝統的な食事を楽しめばいい。豆で作った味噌、豆腐、玄米、雑穀飯、赤飯などがいい。

3. 運動をする。運動は汗が出て息が切れるくらいになる程度が良い。時間は1〜2時間が適切だ。

4. いつも笑う。大笑いは、全身を刺激して糖利用率も高める。

5. 飲酒を避ける。特に、インスリンを右または経口血糖降下剤を投与する人は、お酒は無条件に避けなければならない。

6. 禁煙をする。タバコは血管によくない。また、アドレナリンの分泌を促進させ、結果的にインスリン(インシュリン)分泌に支障を与える。

7. 炭酸飲料を避ける。清涼飲料やコーヒー豆を除き、コーヒーの成分の中には砂糖が多い。

8. 穀類を楽しむ。穀類は、大麦、ハトムギ、キビ、大豆、粟、そば、小豆、緑豆などが挙げられる。また、玄米ともち米のもいい。

9. 糖尿病患者が少ないスカンディアビア諸国の人々は、青魚を好んで食べる。

10. インスタント食品を避ける。子どものメインメニューのハンバーガーやピザは、境界の食品である。
関連記事

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tounyoujapan.blog79.fc2.com/tb.php/12-46953fac
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。