--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿症状痺れ:糖尿症状、手足の痺れと痛み、糖尿病の合併症:手足の痺れと痛み(糖尿病性神経痛)

2011年03月31日 09:00

糖尿症状痺れ、糖尿病の合併症:手足の痺れと痛み(糖尿病性神経痛)


糖尿病患者の3人のうち1人は、足のつま先が腐って入る「糖尿病性足潰瘍」高リスク群という調査結果が出た。

糖尿病性神経痛という症状だが、ただの手足の痺れと痛みなどで考えて放置している場合が多い。

糖尿症状痺れ: 糖尿症状、手足の痺れと痛み、糖尿病の合併症:手足の痺れと痛み(糖尿病性神経痛)1
糖尿病患者の33%が手足の痺れと痛みを訴えている。


糖尿病協会の調査の結果、糖尿病患者の33%がこのような糖尿病性足潰瘍で悪化することができる糖尿病性神経痛を患っていることが分かった。

糖尿病性神経痛は、末梢神経が損傷され、手足の痺れや痛み、感覚異常を示す症状である。

糖尿病性足潰瘍の患者の80%で、このような症状が現れる。

糖尿病を患ったから5年から10年の間で、年齢は60代で最も多かった。

問題は、糖尿病性神経痛の診断を受けた患者が12%に過ぎないということだ。

糖尿症状痺れ: 糖尿症状、手足の痺れと痛み、糖尿病の合併症:手足の痺れと痛み(糖尿病性神経痛)2


初期症状はただの手足の痺れと痛みなどでひどくないので放置している場合が多く、最終的につま先や足の切断につながる可能性もある。

痺れの症状や、奇妙な感覚が激しくなり、最終的に神経が故障した場合の感覚がなくなるのが一番大きな問題だ。

感覚がなくなってを傷が付いても発見が遅くなる。

したがって、糖尿病患者は、普段足をきれいに洗って傷が付かないようにうまく管理しなければならない。

また、血液の循環に支障を与えるタバコやお酒は避けた方が良い。

特に冬には感覚が鈍感になるのでそのまま放置する場合が多いが、糖尿病患者は手足の痺れと痛みの症状などがあればすぐに専門医を探して正確な診断を受けることが重要である。

関連記事
スポンサーサイト

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。