--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病治療方法情報!アメリカ副作用のない糖尿病治療薬を開発!

2011年09月18日 16:00

糖尿病治療方法情報!
アメリカのスクリップス研究所(Scripps Research Institute)、副作用のない糖尿病治療薬を開発!


糖尿病治療方法情報!アメリカ副作用のない糖尿病治療薬を開発!1 
糖尿病治療方法情報!

英国科学誌Nature(ネイチャー)インターネットのホームページを通じて、米国スクリップス研究所(Scripps Research Institute)などの研究機関の研究者が新しい糖尿病治療薬を開発したと伝えた。

新しい糖尿病治療薬は、既存の薬よりも治療効果が優れ、副作用を伴わない。

研究者が作成した報告書によると、新型の化合物の名称は、"SR1664"であり、いくつかのタンパク質の機能を妨害し、糖尿病の治療を助ける原理を利用して開発したのだが、糖尿病実験用マウスを対象に臨床実験をした結果、糖尿病改善効果が大きく目立った。

研究者は、実験群を2つに分けて、既存の糖尿病治療薬として使われているアベンディア(Avandia)と新型化合物をそれぞれの実験群に治療した結果、従来の糖尿病治療薬では、体重増加などの副作用が現れたが、新型化合物では、副作用も表示されず骨に影響を与えることもなかった。
 


糖尿病治療方法情報!アメリカ副作用のない糖尿病治療薬を開発!2

副作用が発見された糖尿病治療薬、アベンディア(Avandia)画像


アベンディア(Avandia)は広く使用されている糖尿病治療薬だが、最近になって副作用が発見された。

研究者は、彼らが開発した新型の化合物が既存の糖尿病治療薬の短所を補完し、副作用を防止することを目標に今後の臨床薬として使用できるように開発にさらに拍車をかけている。
スポンサーサイト

糖尿病 治療、糖尿病は集中治療が効果的?

2011年07月18日 09:00

糖尿病、集中治療の効果が良い?
糖尿病集中治療、心臓病の危険要因が減少?

 糖尿病 治療、糖尿病は集中治療が効果的?
糖尿病治療、糖尿病は集中治療が効果的?


成人糖尿病患者に対する集中治療は、心臓疾患のリスク要因をやや減少させるという主張が出た。

オランダとイギリスの共同研究者は、成人糖尿病患者3507人を対象に、糖尿病の集中治療と糖尿病の標準治療を受けた人々の結果を観察した。

糖尿病の集中治療を受けた人々には、禁煙をしたり、健康食を食べて、練習を多くした人々が含まれている。

また、アスピリン治療と血圧、血糖、血中の脂肪のための集中的薬物治療を受けた。

糖尿病の標準治療を受けた人々は国のガイドラインに従い、医師の診断を受けた。

その結果、糖尿病の集中治療グループは、5年にわたり、血圧、コレステロールの有意な減少および若干の体重減少があり、血糖値が維持された。

最も大きな違いは、心臓発作のリスクの減少であり、最も少ないの違いは、脳卒中のリスクが減ったことだった。

しかし、研究者は"二つのグループの間で、心臓発作、脳卒中、心血管死、心臓の再生などで有意な差は認められなかった"と主張し、予備的な研究であることを想起させた。

この研究結果は、先週末から米サンディエゴで開かれた米国糖尿病学会年次集会で発表された。

糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?

2011年06月09日 13:30

糖尿病の治療で、乳がん(癌)の治療も一緒にする?
糖尿病治療薬、乳がん(癌)の治療に使用!

2型糖尿病治療薬として使用承認され、一部の薬によって活性化されるタンパク質が乳がん(癌)が広がる速度を遅らせたり、停止することができることが分かった。

糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?1 
糖尿病治療、乳がん(癌)までできる?


クイーンズ大学の研究チームが明らかにした研究結果によると、このような糖尿病治療薬が単独あるいは、既存の糖尿病治療薬との併用で、一部の乳がん(癌)を治療するために使用することができることが分かった。

糖尿病治療薬として、このような系の薬物は、通常の脂肪代謝と糖代謝(ブドウ糖の代謝)を維持するように助ける単一のタンパク質を活性化する。

最近、このようなタンパク質はまた、悪性腫瘍を減らし、一部の乳がん(癌)が転移して広がることを少なくすることで表示されている。

これに先立って行われた研究によると、また、乳がん(癌)細胞内の特定の型の細胞内のこのような特定のタンパク質を削除したり、少なくすることががん(癌)発症の可能性を高め、がん(癌)がより容易に悪質にされたり変形されていることが分かった。


糖尿病治療、乳がん(癌)まで?糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?2 
糖尿病治療薬、乳がん(癌)治療も一緒にする?

研究チームは、乳房や、あるいは関連する細胞内のこのようなタンパク質の活性が減少した女性たちと高脂肪食習慣や化学汚染物質や環境汚染物質などの危険因子にさらされた女性たちがより多くのがん(癌)が発症する可能性が高いと明らかにした。

また、このような女性たちががん(癌)が体内でより容易に広がる可能性も高いと明らかにした。

研究チームは"肥満は糖尿病と乳がん(癌)を含む様々な疾患を誘発する危険因子であるということはよく知られているし、最近の肥満人口の急増と私達の体が正常に扱うことができるの脂肪よりも多くの脂肪を血液内に持っており、このようながん(癌)を抑制するタンパク質が、一部の支持なしには、独自の抗がん(癌)の性質を発揮することができない"と強調した。

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?

2011年05月26日 19:07

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射の使用は危険?
糖尿病患者といって、インスリン(インシュリン)注射療法をむやみに使用してはいけないという主張が出た。
 
糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?1 
糖尿病の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?


2003〜2009年の糖尿病の診療を受けた2型糖尿病患者6925人を分析した結果、インスリン(インシュリン)抵抗性がある患者が73%だった。

インスリン(インシュリン)抵抗性はインスリン(インシュリン)の分泌自体はきちんとされるが、分泌されたインスリン(インシュリン)が血糖値の調節機能を正常に実行できない状態をいう。

インスリン(インシュリン)抵抗性がある糖尿病患者の治療経過を分析した結果、これらはインスリン(インシュリン)抵抗性のない患者よりもインスリン(インシュリン)注射を打つ割合が高かったが、血糖調節効果は、むしろより落ちた。

糖尿病は、原因がインスリン(インシュリン)分泌量の不足であるインスリン(インシュリン)抵抗性の大人のかに応じて治療の反応などが異なるため、血糖値が高いと無条件にインスリン(インシュリン)を使えばならない。

糖尿病の治療、糖尿病患者の治療にインスリン(インシュリン)注射療法は危険?2 
糖尿病の治療、インスリン(インシュリン)注射療法


治療を開始する前に、インスリン(インシュリン)抵抗性の有無を判断してインスリン(インシュリン)の分泌自体がうまくいかない場合にのみ、インスリン(インシュリン)投与をして、インスリン(インシュリン)抵抗性が原因である場合は、生活習慣の改善とインスリン(インシュリン)感受性を高める薬物治療をしなければならない。

一方、今回の調査の結果、インスリン(インシュリン)抵抗性があれば、他の慢性疾患を伴う場合が多かった。

インスリン(インシュリン)抵抗性がある人は、インスリン(インシュリン)抵抗性がない人よりも頸動脈硬化症、高血圧、虚血性心臓病、脂質異常症、脂肪肝、メタボリック症候群などが4倍ほど多かった。

インスリン(インシュリン)抵抗性を持つ糖尿病患者の52%は代謝症候群を患っていた。

糖尿病 治療の胃バイパス手術、糖尿病 治療手術、胃バイパス手術の抑制の原因を発見!

2011年04月29日 14:23

胃バイパス手術、糖尿病 治療の抑制の原因が明らかになった!
アミノ酸の循環が重要!


胃バイパス手術が糖尿病の治療、抑制する新たな理由が明らかになった。


糖尿病 治療手術、胃バイパス手術の抑制の原因を発見!1 
糖尿病 治療の胃バイパス手術


胃バイパス手術は、糖を調整し、糖尿病を治療、抑制するという事実は、すでによく知られているが、なぜそうなのか分からなかった。

米国聖ルカルーズベルト病院センターブルレンダインラポレル博士が主導する研究チームが発表した研究論文の中で胃バイパス手術人からのアミノ酸の循環がインスリン抵抗性の劇的な減少と関連があると主張した。

研究グループは、10人の糖尿病を持つ胃バイパス手術受けた肥満者や食事を介してダイエットした11人を対象にした研究でこのような事実を確認したと明らかにした。

研究グループは、胃バイパス手術患者は、アミノ酸の数値がはるかに少なかったが、これは胃バイパス手術後に糖尿病の減少のメカニズムと関連していると説明した。
 

糖尿病 治療手術、胃バイパス手術の抑制の原因を発見!2 
糖尿病 治療の胃バイパス手術


胃腸管ホルモン(消化管ホルモン)のうちGIP、GLPなどのホルモンのことをインスリン分泌ホルモン(インシュリン分泌ホルモン)と呼ぶ。胃バイパス手術後、胃腸管ホルモンの重要な変更点の一つは、GIPの減少とGLPの増加だ。

摂取した栄養素が十二指腸をバイパスして小腸に進むので、K細胞の働きは抑制され、完全に分解されていない高濃度の栄養分が小腸に触れるようになり、L細胞の機能を亢進されるのである。

この結果、体脂肪の合成が減り、膵臓からのインスリン分泌が効果的に起きて血糖値が低くなり、脂肪組織のインスリン感受性が増加して糖尿が調節される。

今回の研究は、このようなメカニズムがアミノ酸の循環と関連があるという推定を可能にしてくれている。

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。