--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠性糖尿病、妊娠前の肥満女性は妊娠性糖尿病の発生率が4.5倍高い?

2011年12月12日 14:33

妊娠性糖尿病、妊娠前の肥満だった女性は妊娠性糖尿病の発生率が4.5倍高い?
妊娠性糖尿病、妊娠前の肥満女性は妊娠性糖尿病の発生率が4.5倍高い? 1 
妊娠性糖尿病、妊娠前の肥満女性は妊娠性糖尿病の発生率が4.5倍高い?

妊娠前、肥満の女性は標準体重の女性よりも妊娠性糖尿病の発生が4.5倍高いことが分かった。

2007年1月から2009年12月までの病院で妊婦管理を受けた2454人の妊婦を対象に、妊娠前体格指数(ボディマス指数、BMI)、妊娠中の体重増加に伴う母体と新生児の合併症を追跡調査した。

その結果、妊娠前に過体重または肥満の18.5%(440人)の母親の妊娠前の低体重、正常体重の母親に比べて母体と新生児合併症の発生が高いことが確認されたと明らかにした。

妊娠性糖尿病の場合、妊娠前の正常体重の母親よりも妊娠前の過体重の母親が1.58倍、肥満の母親が4.5倍高いことが分かった。

また、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)も、妊娠前の過体重の母親が2.2倍、肥満の母親が2.5倍高かった。

妊娠性糖尿病、妊娠前の肥満女性は妊娠性糖尿病の発生率が4.5倍高い? 2
妊娠性糖尿病の場合、過体重の母親が1.58倍、肥満の母親が4.5倍高いことが分かった

以外にも、子宮頚管無力症、胎児の過体重が妊娠前の過体重または肥満の母親の発生頻度が高く、妊娠前の体格指数(ボディマス指数、BMI)は、周産期(妊娠29週から生後1週まで)の不良な予後と関連が大きいことを確認した。

妊娠前、低体重の母親の妊娠期間に適切な体重増加が行われていない場合にも問題になった。

低体重の母親が適切な体重増加がない場合、母親の17.3%で、合併症が認められたのに対し、妊娠期間中に正常体重の母親の8.9%で、合併症がみられた。

特に、妊娠前の低体重、正常体重の母親の妊娠中の体重が適切に増加されていない場合、合併症と新生児の低体重新生児の集中治療室入院の頻度が高くなることが確認された。

妊娠中の適切な体重増加がなされない場合、むしろ問題になる可能性があることを示したものである。
スポンサーサイト

妊娠性糖尿病原因発症、ビタミンD欠乏が妊娠性糖尿病の原因?(妊娠性糖尿病の原因と発症)

2011年04月05日 09:00

妊娠性糖尿病の原因と発症、ビタミンD欠乏が原因 ?

ビタミンD欠乏が妊娠中の女性の糖尿病の発症原因と関連があることが分かった。



妊娠性糖尿病の原因と発症、ビタミンD欠乏が原因1
妊娠性糖尿病原因はビタミンD欠乏?

メルボルン大学の研究チームが、『オーストラリアの医学ジャーナル』に明らかにした147人の女性を対象とした研究結果によると、すべての女性たちは、ビタミンD欠乏の検査を受け、ビタミンD欠乏女性の場合には、治療を受ける必要があることが分かった。

妊娠性糖尿病を患って妊娠中の女性は一般的に血中のビタミンDが低下し、結局生まれてくる子供たちの骨が弱まる危険性が高い。


妊娠性糖尿病の原因と発症、ビタミンD欠乏が原因2 
ビタミンDが多い食品:卵の黄身、イワシ、サバ、干し魚、牛乳、バターなど



今回の研究で、参加した女性の約40%以上が血中のビタミンDが適量以下であることが示された中で、肌の色が暗い人であるほど、ビタミンDが適量以下の可能性が高く、全体の参加者のうち25%がビタミンD欠乏のレベルでのビタミンDが低いことが分かった。

研究チームは"ビタミンD状態は、妊娠性糖尿病とどのような関連があるかについての追加研究が必要だ"と強調し、"ビタミンD欠乏症が生じやすい妊娠中の女性や授乳中の女性が、ビタミンDの必要量を摂取していない"と明らかにした。
 
妊娠中の女性、特に授乳中の母親の場合は、ビタミンD補充剤やサプリメントでなくてもビタミンDが多い食品を意識的に探して食べる習慣が必要である。

妊娠糖尿病とは?妊娠糖尿病を予防する方法!(妊娠糖尿病 食事療法&運動療法)

2011年03月28日 14:01

妊娠糖尿病とは(妊娠性糖尿病)、糖尿病のない女性が妊娠して糖尿病が生じた場合をいう。


妊娠糖尿病とは? 

減少した活動量とカロリーの高い食品の摂取により、急激な体重の増加とともに、表示される疾患で妊娠中の女性から、しばしば見られる疾患である。


妊娠糖尿病(妊娠性糖尿病)、巨大児出産、出生時に胎児の低血糖症、黄疸の誘発!

「妊娠糖尿病(妊娠性糖尿病)」とは、巨大児出産、出生時に胎児の低血糖、黄疸生む原因とされ、胎児や妊婦を同時に脅かす疾患である。

母体と胎児の複雑化と第2型糖尿病に進行されることを防止するために、定期的な検査を受けることは重要である。

妊娠糖尿病 症状: 妊婦が妊娠糖尿病を持っている場合は、出産直後の新生児が低血糖に陥ったり、肺の成長速度を遅くするなど、胎児にも悪影響を与えることができる。

ブドウ糖やその他の栄養素が過剰渡され、巨大児に成長して、分娩時に帝王切開をする必要がある場合がもある。

特に、妊娠初期にはすでに高血糖の党がある場合は、胎児の先天性奇形の頻度が3倍以上に増加する病気であるだけに注意が必要である。


妊娠糖尿病を予防する方法(妊娠糖尿病の予防方法)


妊娠糖尿病を予防する方法


ほとんどの『妊娠糖尿病(妊娠性糖尿病)の患者は、胎児の健康のために薬物治療の代わりに食事療法や運動療法で楽にする方法を書いている。


妊娠糖尿病 食事療法&妊娠糖尿病 運動療法


妊娠糖尿病 食事療法&運動療法

妊娠糖尿病 食事(食習慣)は、野菜や果物、海藻類などと一緒に肉、魚、鶏肉などに含まれている良質のタンパク質を摂取してくれる方が良い。

また、軽い散歩やストレッチを使って肥満を予防し、体を健康にすることが望ましい。

また、出産日が近付いてきた場合は、関節や靭帯が弱くなり、徐々に緩みが含まれるため、無理なストレッチや反動を与える運動などは控えた方が良い。

このような『妊娠性糖尿病』は、出産後に消えることがほとんどですが、多くの女性たちが、数年後に糖尿病の診断を受けている。

妊娠性糖尿病の既往歴のある女性が出産後に新しい妊娠を計画する場合、必ず産婦人科を訪問して、体の状態をチェックして、[妊娠糖尿病(妊娠性糖尿病)を予防するために多くの努力をしなければならない。

糖尿 (糖尿病 症状 糖尿病 治療方法)最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。